英語は必須!貿易関係で働きたい方が身につけておきたいスキル/Job Construction
HOME>トピックス>英語は必須!貿易関係で働きたい方が身につけておきたいスキル

仕事で使う語学の準備

貿易に関する仕事としてまず思い浮かぶのは貿易事務ですが、一般的な事務職とは異なり専門性が高く、また海外などとのやり取りが多いため非常にやりがいがあり、人気の高い職種です。貿易に関する仕事に携わる者として、英語でのコミュニケーション力は必ず求められます。ただし、必ずしもネイティブのような語学力が求められるというわけではなく、仕事での話ができるくらいの会話力を身につけておいた方が良いと覚えておくとよいでしょう。逆に語学力がいくら高くても、その仕事内容の専門性の高さから、貿易に関する基礎知識がないとスムーズに業務をこなすことができません。仕事の現場では、パッキングリストや信用状、インボイスや為替手形などの専門用語が飛び交います。したがって、単に英語力を高めるだけではなく、このような貿易用語についての知識を深め、それを英語でも説明できるように準備しておくのが望ましいと言えます。

臨機応変に対応する能力

貿易の仕事に関わるものにとって、コミュニケーションスキルが最も重要であるといっても過言ではないでしょう。国の内外を問わず、また社内や社外の様々な人が複数の取引に関与してくるので、常に誰かと意思疎通を図ることになります。そのような環境で仕事する際に、英語は大変重要な武器になります。貿易に関する専門知識を駆使しつつ、それを英語で伝え聞き取るということが大事なのはもちろんですが、特に海外の人とやり取りをする際にはその商習慣や仕事に対する姿勢が異なる場合が多いということも覚えておいた方が良いでしょう。日本サイドでは正確に、また迅速に物事を処理していくことは当たり前ですが、海外では約束の時間を守らないなどということは普通に起こりますし、また日本では考えられないような政治的・気候的な事情で取引がスムーズにいかないことも考えられます。そのような状況にも臨機応変に対応できるように心がけながら、英語力を高めていければ理想的でしょう。