面接時の質問へのベストな答え方を知る【好印象を与えよう!】/Job Construction

面接は備えあれば憂いなし!

面接は、とても緊張しますし、思ってもいなかった質問をされてしどろもどろになったしまったという経験がある方もいますよね。そこで、面接時にされやすい質問をランキング形式でまとめてみました!面接を控えている人は、頭に入れておいてくださいね。

本番を想定した練習を

女性

就職活動につきものの面接が好きという人は、それほどいないのではないでしょうか。特に悩ましい質問が続くとしどろもどろになってしまい、苦手意識が強いという人も多いかもしれません。これを上手く乗り切るには、面接でよく聞かれる質問についてあらかじめ想定しておくことです。いくつかのパターンを用意し、それに合った答えを考えておけば、本番で焦ることもなくなります。おすすめなのが、面接対策の本を活用することです。これまでの経験から聞かれやすい質問を集めており、その答えも模範解答として掲載されています。質問と答えを対にして暗記することで、スムーズな受け答えができるようになるはずです。本には業界別に頻出する質問がまとめられているので、自分が応募する業界に合ったものを参考にしましょう。実際の面接を想定して、シミュレーションしておくのも効果的です。学校ならば先生に面接官の役をお願いし、何度もやり取りを練習します。自宅でも家族の方に手伝ってもらえば練習が可能です。

回答はわかりやすく

面接

準備を入念に行った結果、面接で喋りすぎる人がたまにいます。相手は自分以外にも多くの応募者と会っているだけに、話す内容が長いと良い印象を与えません。質問に対してはできるだけ簡潔に答えることを心がけるようにしましょう。そのためにも、短文を組み合わせてわかりやすく答えるようにするとうまくいきます。なぜ前の職場を辞めたのかという質問は、どこへ行っても聞かれるものです。これに対して、職場や会社の悪口を言うことは避けるようにしてください。例え前の会社に問題があったときでもそのことには触れず、自分の将来を見据えて仕事を変えたかったというような前向きな回答でまとめると安心です。この会社を選んだ理由は、といった質問もよく聞かれますが、給与や待遇のことだけに終始するようではイメージが悪くなります。入社してやりたいことや、会社に対して貢献できることなどで回答するようにしましょう。

短期アルバイトを利用しよう
収入を増やしたい人に大人気☆